やっとこさ 再施工 5 連系開始 KP-MU1F-SET で 令和早々徹夜!

とりあえず、なんとか増設分のメーターも設置され連系が開始した。
ただ、計測器が夕刻には仮設置

だけど、無線ルーターとの接続が出来ないし、どうも計測している風には見えない!
・通信のランプは点灯しているのだが
・パワーコンデショナーのランプが点灯していない
何か変だよな~

付属の紙っぺらが目についた! (見るのが遅いよ~)
ユニット番号、終端抵抗の設置確認。 ユニット番号は設定されていたが終端の設定にミス発見!
なに~!! 初期設定が必要とな!
まぁ当たり前の事だが・・・
日付とかパワコン数の設定を行い。 やっとランプ点灯!

これからが、無線ルーターとの接続なのだが・・・
面倒なので「簡単設定」をしようとしたけど、上手く機能しない
現地と家とを行ったり来たり。
駄目だこりゃ~
夕食の準備もしないといけないし
計測器を自宅へ持ち帰り設定する事にした。

やっぱ、簡単設定が上手く動作しない
苦労に苦労を重ねて1セット設定。
お~表示されたぞ!

2セット目がやっぱ上手くいかない

という事で、「アクセスポイント検索による設定」による設定をする事にした。

説明書の書き方が順番がヘコサカだから、七転八倒
なんとかやりとげました!!

そこで、素朴な疑問!
計測器を選択する画面が無いな~
何故?

何と何と、
疑問に感じて調べたら

取扱説明書 7ページに小さく 嫌な記述が!
安全上のご注意(つづき)
・インターネットに接続している場合、1 台の計測ユニットは、無線接続、有線接続のいずれかの接続状態でご使用
ください。無線接続、有線接続を同時に使用すると、正しく動作しない場合があります。
・ 本製品を複数セットで使用されている場合、複数台の計測ユニットを1台の無線LANルータに無線接続しないでく
ださい。計測ユニットとカラー表示ユニットとの通信が正常に動作しない場合があります。
複数セットをネットワーク接続する必要があるときは、すべて有線で接続してください。
・ 本書に従って計測ユニットをインターネットに接続した後は、常にインターネット接続されている状態にしてください。


え! こんな制限事項はもっと目立つように表記しないといけませんよ!


運用としては3セットを稼働させなといけない
当然、出力制御対象が2セットあるのでインターネットへも接続しないといけない

同一の無線アクセスポイントへ接続は駄目なので
3個の子ルーターをかませることにした。(3個のアクセスポイントを増設)
親ルーターからインターネット接続。
ネットワーク的には単なるアクセスポイントだと単一ネットワークになるが、
子ルーターは独立したネットワークになる
pcsネットワーク
子ルーターは手持ちの MZK-MF300N 3個 小さくて良い
ただ、設定が思うように出来なくて難渋しました。
この設定が長時間必要だった。

徹夜まではしていなくて、たぶん2時ぐらいかな

5時20分に計測器を仮設置へ戻し
(まだ、発電していなかった。ギリギリ)
モニターとの接続を確認。
2セット稼働中です。
4221_20191110075119fff.jpg

その後、朝食を準備し、
今、ブログを書いてます。

希望する利用形態になったので一安心
だけど、自作の監視モニターの様な細かい動作状態やアラームが出せないのが残念ですね。

追加(5/3)
通信が安定しないのでチャネル固定(5,9,13)にしてみました。(1は使用済み)
Wi-Fiの通信はこれで激変!チャンネル解説〜正しい設定方法


追加(5/4)
通信は途中の障害物を避けるようにする事が大切ですね。
発電データ等をPCへ取り込む方法なのだけど、
モニターからPC接続はできない様なので、SDカード経由になるのだが、これが超面倒!
通信ユニットからUSBメモリーへコピーの方が楽そう
いずれにしても月1回取込みかな(3ヶ月でデータが消えるから)

追加(5/5)
日中通信が不安定になる原因らしきを発見
MZK-MF300Nに日が当たり筐体温度が上昇。温度を押さえたら通信復活。
温度対策が肝心ですね。

追加(5/6)
大発見!!
上記ネットワークでルーター(子)で計測器を仮想サーバー設定すれば・・・・
ホームネットワークでPCのブラウザーからIPアドレス指定でモニター画面と同等の内容表示等が行える。
そしてルーター(親)で仮想サーバー設定すれば・・・インターネット経由でモニター表示が行える。
これでスマホから発電状況が見れますね。
(iphone8+で確認済み ただし、画面比率の違いで表示が少しバランスが悪い)
※便利が良いが・・・ハッキングされたらパスワードが無いだけにシステム破壊ができるな!!
関連記事

この記事へのコメント

Re:やっとこさ 再施工 5 連系開始 KP-MU1F-SET で 令和早々徹夜! - びっぐふぃ~るど - 2019年12月30日 20:35:23

はじめまして、オムロンのKP55M採用の低圧太陽光発電所を2カ所岡山で運用している者です。

ネットの某掲示板(クローズド)で貴ブログの事を知り、参考とさせて頂いています。

可能であれば、若干ご質問させて頂きたいのですが、KP-MU1F-SETの遠隔監視では、表示ユニットも必要なのでしょうか?

上述の掲示板では、「現地へパソコンを1台おいて計測ユニットにLOG INさせる。そしてグーグルクローンで自宅から、あるいはスマホで現地のパソコンと同期する。これが一番安上がり・・・」との説明がありましたが、そのような認識で正しいでしょうか?

貴ブログで公開されている遠隔監視は非常にハイレベルな内容なので、私のようなヘタレには中々こちらの内容をすべて理解して自分でも同様のことが出来るか心もとないですが、ご回答頂けましたら幸いです。よろしくお願い致します。


以下、蛇足ですが…

私もKP-MU1F-SET /EIGを遠隔監視で使用しようと思い準備中なのですが、1ヶ所で機器の設置とケーブルの配線、ネットワークへの接続まで済ませた所で、施工マニュアルや上述の掲示板で、オムロン自体は遠隔監視のシステムやソフトウェアを提供していないこと、遠隔監視をするには「エコめがね」やそれに類するサードパーティ製のシステム等の導入が必要と知った所で、貴ブログの情報を見て、遠隔監視をDIYで出来るかも…と思った次第です。

- お気楽 - 2019年12月31日 10:24:10

びっぐふぃ~るど さんへ

表示ユニットは現地で設定用に1台は有った方が良いです。
日常の発電状況はArduinoで監視機能を含めて運用しています。
モニター機能はPCでもできます。データのダウンロードはPCで行ってます。

私の場合はホームネットワーク内での接続をしています。
外出した時にはスマホで発電状況をモニター画面と同じ内容を見る事も出来ます。

遠隔地の場合はモバイルネットワークを使う事に成ると思います。
裸でルーター開放すると悪意の第三者がPCS停止する事もできるから
モバイルルーターをVPNで接続する事が必須だと思います。
常時接続するか、必要な都度接続するか、通信費との兼ね合いですね。
接続はスマホからでも自宅のPCからでも出来ると思います。

KP-MU1F-SET /EIGについては
これと同じ様な機器構成は必要なので
多分使えるとは思うのですが・・・
詳細が不明の為、分かりません。

- びっぐふぃ~るど - 2019年12月31日 10:56:28

お気楽さま、

早速のご回答およびアドバイスどうもありがとうございます。
表示ユニット、やはりあった方が良いのですね。購入を検討します。

現状、「OCNモバイルOne」のSIMを使用しており、ネットに4G通信網経由で常時接続されてるはずなんですが、オムロンのソフトウェア更新のみでしか使用できておらず、ネット環境を現地に導入した意味があまりありません(汗)。IPアドレスが分かれば、TelnetかSSHでログイン出来るのかな。。

スマホでもPCでもリモート接続できるとのことなので、貴ブログの情報を参考にさせて頂きながら頑張ってみようと思います。KP-MU1F-SETの簡易施工マニュアルは一通り目を通したつもりですが、操作マニュアルももっとしっかり読みこなす必要があるかもしれません。。。

他の場所にある三相の発電所では、SMAの「WebConnect」で割と簡単に遠隔監視が出来るようになったので、オムロンも似たり寄ったりだろうと高をくくっていたら、予想以上の難易度で焦っております(苦笑、実はSMAも2カ所のうち1カ所はとラブっておりますがw)。

- お気楽 - 2019年12月31日 12:52:12

びっぐふぃ~るど さんへ

まずは、IPアドレスの取得。もしくはモバイルルーターでDDNSへの登録からですね。
後は、IE等で接続すればモニター画面が表示されます。
ちなみに、オムロンはPC接続できるとは情報公開されていません。
あくまで試したらIE接続できた。リアルな発電状況が入手できたという事です。

- びっぐふぃ~るど - 2020年01月01日 10:57:06

お気楽さま、

引き続きアドバイス下さり、どうもありがとうございます。
まず、IPアドレス取得かDDNS登録からということで、次にその発電所(@備前市)に行く際に格闘してみたいと思います(たぶん、今月の3連休…ちなみに、当方は現在は関東在住です)。

もしかしたら、WiFiルータも買い替えまたは子機の追加が必要になるかもしれません(現在は NECのAterm HT100LNで現地のLAN構築とネット接続を行っていますが、VPNサーバ機能が使えるのかが不明。公式サイトによると、「VPNパススルー」と言う機能はあると記載されているので、なんとか使える可能性はありますが・・・)。

Raspberry Piは自宅に一つ遊んでるのがあり、少しいじったことがありますが、Auduinoはまだ経験ゼロなので、必要であれば導入してみようと思います。

今後とも、こちらで色々とご指導賜れましたら幸いです。

- びっぐふぃ~るど - 2020年01月01日 11:08:57

補足致します。
ただ今検索していたら、HT100LNのVPNパススルー機能に関する説明がありました:

https://www.aterm.jp/function/ht100ln/guide/vpn.html

このLTEルータ自体には特に設定はしなくて良く、LAN側のIPsec機器/PPTPクライアント(=KP-MU1F-SET?またはそれにアクセスさせるPC?)でVPN設定をすれば良いようです。

- びっぐふぃ~るど - 2020年01月01日 11:19:47

何度もすみません。上述のHT100LNのマニュアルの設定例をよく読むと、KP-MU1Fがサーバの役割を担うことになるので、設定例2に書いてあるようにポートマッピングの設定は必要なようですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

お気楽どん

Author:お気楽どん

最新記事
最新コメント
ありがとう
気が向いたら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

政治経済にゅーす女子3 tora8 言論 あだチャン オリーブ Koichi 藤井厳喜 妙佛 DEEP MAX WWUK TV NECTERE Channel 内海学校 NTDTVJP 鳴霞の「月刊中国」YouTube MOTOYAMA 長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル ニューソク通信社 武田邦彦 テレビじゃ言えないホントの話! THE FACT 売国議員
天気予報
カテゴリ
検索BOX・タグ一覧
リンク