寒くなってきました

最近は朝6時でも薄暗く、段々冬が近づいて来た気がします。

冬になると気になるのが積雪の心配なのだが
この辺は降っても年に数回、数日を過ごせれば問題は無い
車に乗らなければ問題は無い。
しかしだよ
こんな日に限って出かけないといけない用事があるもので
去年は町まで薬を取りに行った気がする。
こんな事に備えてオールシーズンタイヤを履いている
冬にスタットレスに履き替える人は多いが
通勤用に使っていたパジェロミニがオールシーズンタイヤだった関係で
通常の走行にまったく問題の無い事は実証済みで
その後のクロスロードもオールシーズンタイヤを履いている
四駆という関係もあってこの地域の行動範囲では少々の積雪では問題は発生していない
むしろ、急用で知らない地域へ行ったら積雪が有ったという事も有り
良い選択だと思っている

さて今月末に納車されるフォレスターはサマータイヤなので・・・・
オールシーズンタイヤに履き替えるか
冬にスタットレスに交換するか
検討中

オールシーズンタイヤは走行音や燃費面でサマータイヤより不利なんです
価格もスタットレスより高いし、本格的な積雪地、アイスバーンには性能面で劣るのですよね

車のホイールをインチダウンするメリットとデメリット
メリット
インチダウンのメリットは何よりも「経済的」という面でしょう。ワンサイズ違うだけでもタイヤの価格はグっと安くなります。値段だけのメリットを見てもインチダウンする価値は十分にあります。また、インチダウンをすることで扁平率が高くなるので、衝撃吸収性も向上します。インチダウン前に比べ、舗装された道、舗装されていない道を問わず、どのような場面でも乗り心地は改善すると言えます。スタッドレスタイヤのインチダウンを例にとると、接地圧が上がり、車の重さが一点に集中するため、タイヤの溝が水を掻き出す力も強くなり、シャーベット状の雪や水に対して滑りにくくなります。また、いざ硬い雪や氷に乗り上げてしまった時でも、その衝撃に対するダメージが軽減されるため、タイヤの長持ちにもつながるというメリットがあり、より経済的です。

デメリット
インチダウンするデメリットは「見た目がカッコ悪くなる」事です。タイヤ部分に厚みが出ますので、外観のスタイリッシュさが損なわれてしまいます。また、扁平率が高くなる分、インチダウン前に比べ、ハンドル操作が重くなるなどの操作性の低下や、コーナーリング性能、グリップ性能が薄れてしまうと言うことができます。


調べた範囲内では
オールシーズンタイヤだと
 Good Year Assurance WeatherReady アシュアランスウェザーレディ 225/55R18 @25700(価格コム)

スタットレスだと
 YOKOHAMA iceGUARD アイスガード SUV G075  225/60R17 @15850(価格コム)
 YOKOHAMA iceGUARD 6 iG60 225/60R17 99Q @21100(価格コム)

 「iceGUARD 6」は、氷上性能と乗り心地に特に優れており、街乗りが中心の方・安全性を重視したい方。
 「iceGUARD SUV G075」は、雪上性能に特に優れており、雪山を走行される方・アウトドアを楽しみたい方。

 アルミホイールも必要。毎年取替の手間もしくは費用が発生

費用的にはほぼ同額?? 

どうするべ~

追加(10/20)
リム幅・インセット・P.C.D.って?知らぬと損するホイールの基礎知識
フォレスター SK系
18インチ・17インチタイヤが適用可能です。
タイヤ:225/55R18 98V ホイール:18×7J
タイヤ:225/60R17 99H ホイール:17×7J
オフセット:48mm  P.C.D.:114.3mm
ハブ径:56mm(オフセット・P.C.D.・ハブ径はいずれも共通です)

追加(12/6)
セット商品を見つけたのでメモ






関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

お気楽どん

Author:お気楽どん

最新記事
最新コメント
ありがとう
気が向いたら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

DHC DHC DHC 売国議員
天気予報
カテゴリ
検索BOX・タグ一覧
リンク