テレビ局 喜べ! 放送法4条撤廃で これからも捏造・偏向報道してもおとがめなしですぞ! 

【用語解説】放送法
 放送の不偏不党や自律を保障しつつ、公共の福祉に適合するよう規制し、健全な発達を図ることを目的とする法律。昭和25年に制定された。
4条は
(1)公序良俗を害しない
(2)政治的に公平である
(3)報道は事実をまげない
(4)意見が対立する問題は多角的に論点を明らかにする
-ことを放送局に求めている。

しかしながら、現実は報道内容を規制されない新聞社と同じように
放送しない自由と、切り取りや印象操作を駆使した偏向報道を行っている放送局

放送法に反した放送を繰り返し改善する傾向はない

公平性など求めないから
今後は新聞社と同じ様に自由に放送して良いですよ!

放送局としては、
熱烈歓迎のはずなのだが・・・・

何故か大反対??????
在京民放キー局5社、政府に反対姿勢 フジ社長「民放の存在の根幹脅かす」

これまで通り悪党の支配体制は堅持しねつ造・偏向報道はするが・・・・・
放送の自由化というか、電波使用権の既得権益での儲けは手放したくない!
というのが本音のようだ

諸外国の様にこの電波使用権を参入自由のオークションにしたら、
携帯電話も安くなるだろうし
国庫がかなり豊かになる=消費税増税の必要は無くなるかも!

「日テレの乱!電波オークションの裏に自民の派閥争い」

電波オークション 政府が導入検討
総務省によると、27年度の電波利用料金の収入は総額約747億円。
主な通信事業者やテレビ局の電波利用負担額は
NTTドコモ  約201億円
KDDI     約131億円
ソフトバンク 約165億円

NHK     約21億円
日本テレビ  約5億円
TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京 約4億円
-などとなっている。

激安だから通販番組だらけのBS放送とかになっちゃうんですよ


(4/4)追加
渡辺恒雄氏が最近、安倍首相との「対決」を決めたと噂される理由

放送法4条、政府「撤廃検討行ったことない」

捏造・偏向報道に脅迫まで追加された!

マスコミが相手では手ごわすぎて完敗なのでしょうか?

放送利権はそのまま維持されるのでしょうね

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

お気楽どん

Author:お気楽どん

最新記事
最新コメント
ありがとう
気が向いたら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

DHC DHC DHC 売国議員
天気予報
カテゴリ
検索BOX・タグ一覧
リンク