施工予定日が決定

2月21日までに通知書が届けば、そして天候さえ良ければ、この日に発電開始するかも・・・

パワコンが2台になったので設置場所を変更、接続を含めて打ち合せを行いました。
パワコン・接続BOX・ブレーカー・通信ユニットは一箇所にまとめる。
パワコン出力はMCCB(3P3E)の2次側に接続(主幹ブレーカー1次側)する。
これで配線もスッキリする。

検討課題はグリーン電力計を設置するか否か
PV-Netに資料請求中。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ←← ぽちっと にほんブログ村 発電情報満載

補助金申込受理決定通知書 到着

待ちに待った通知が届きました。年末に契約して年始に申請しているので長い長い。
しかし、容量変更をしたので・・・
これから再申請!。検討不備で契約するとこんなロスを発生するのです。
ま~~た長い長い首を伸ばして再度の通知書の到着を待たないといけないです。
そうすると施工は2月末。雪が降らないと良いのだが・・・
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ←← ぽちっと にほんブログ村 発電情報満載

太陽光発電 考察メモ 施工方法

施工方法を写真で解説してあるHP紹介

我家は支持瓦方式を選択しましたが、一般的なアンカー方式も解説されています。

支持瓦方式

支持金具方式

お値段が約10万円は高くなりますが、
瓦に穴を空けるのに抵抗がある方は、この施工も選択できます。
瓦の種類で選べるか否かが決まるみたいです。
瓦に穴を空ける工具も良くなっているようですが、瓦が古いなどの理由で失敗も有るようです。
その場合は予備の瓦が必要になるので、その辺も検討に値すると思います。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電の減価償却は何年かかるのか?

高価なパワコンは10年保障。最長でも15年以内には寿命を終えるらしい。
電気の買取価格も機器の保障も10年なので10年以内に減価償却できるか否かが重要。

全量買取なら40円×年間発電量×年数≒40万円/KWの設備で10年間

家庭用だと余剰分の買取なので、単純でない。

KW何万円なら10年で減価償却できるのだろうか?

設置可能設備=6KW(南東・傾斜30度+南西・傾斜20度)
年間使用量=デイタイム+ファミリータイム+ナイトタイム=2,637+3,335+4,904=10,875
基本料金や諸経費を除いて単純計算して21万円/年の電気代

年間発電量=6903
(http://www.enjoy.ne.jp/~k-ichikawa/sunShine2PV.html を参考に予測)
自給分=デイタイム-ファミリータイム÷4=2637+3335÷4=3470
(自給はデイタイム、ファミリータイムの8時から10時の時間比で1/4とした)
余剰分=年間発電量-自給分=6903-3470=3433

そうすると
売電=3433 x 42円=144,176円/年
買電=2501 x 23円 + 4904 x 10円 =106,564円/年
粗利=37,612円/年

設置費用=(設置前電気代+粗利)×10年÷6kw =(21+3.7)×10÷6 =247万円÷6 ≒ 41万円/KW

単純計算しても40万円/KW以下で10年間、
雨にも負けず風にも負けず!
元気に発電してくれれば、旨く行ってパワコン代だけで後10年は発電分が自給できる。
10年経ったら、効率の良い、もっと別な物があるだろう。

10年分の電気代の前払いに合う投資か否か!?

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 10年目の思わぬ伏兵

太陽光発電設備もひとまず安泰!
これから利益あるのみと胸算用していたら、思わぬ伏兵の参上!

売電メーター 有るから好いじゃん、とはいかない。
売電メーターは10年でお役御免。取替えないといけない。
パワコンは壊れるまでは使えたとしても寿命は風前の灯し身。
設備も壊れると修理が必要。

取りあえず必須の売電メーター、電力会社によっては支給品だが中国電力は利用者負担。
費用は10年後でないと分からないが現状では工事費を含めて8万円は必要らしい。

パワコンは容量やメーカーによって異なるらしいが50万円は必要かも

う~む、その他設備は安泰と仮定したい(願望)

設備の公的な減価償却も15年で終わり・・・税金! 今は考えないでおこう。

とりあえず60万円は最低必要。

売電価格も42円は終わり、おそらく20円位かな~~~~10円かな?

そうすると
自給分=デイタイム-ファミリータイム÷4=2637*32円+(3335÷4)*23円=103,560円/年
売電分=3433 x 20円 = 68,660円/年
買電分=2501 x 23円 + 4904 x 10円 =106,564円/年
粗利分=自給分+売電分-買電分=65,656円/年

10年で65万円

出費分と相殺!  利益なし

結論、太陽光発電は10年でも20年でも減価償却でトントン
リスクのみ残る、危険な投資だった。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 少しでも採算をよくしたい

太陽光発電は投資効果が少ない・・・・しかし、しかし
少しもがいてみよう。

その為には
・KW単価の安い商品を選ぶ(カナディアン、シャープ、何処が良いの?)
・実発電量の多い物を選ぶ。
 パネルはCIS系が有効(幅広い光を吸収・熱に強い)8%の差はデカイぞフロンティア
 しかし変換効率が低いので広い設置面積が必要。
 設置面積に沢山設置できる変換効率の高いSANYOか?

次の10年もにらんで
・パワコンが少しでも低価格(シャープは昇圧機や接続箱が不要でも低価格、田淵電機製?)
・電力計を安く入手する方法を模索する(電力会社のマージンは大きすぎる)
・工事費の安い所

ただ、全般的に気になるのは・・・
もしパネル不良が発生した場合、取替工事費も保証の範囲内か?
など保障範囲

やっぱり、会社がつぶれたり・撤退されたら困る。
リスクか初期投資か?

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 このパワコンは素晴らしい

10年目以降にはパワコンを買換えなくてはいけない
そこで、最安だったシャープを掘り下げていたら
昇圧機能と接続箱機能を持っていると金額面でもかなり有利だという事が分かった。
昇圧回路付接続箱も10万円はするし、これも電気製品だから故障もする。
この分が込みで最安パワコン・おまけに屋外設置ができる安全設計。
むちゃくちゃ良いやんけ。
買換えの費用だけでなく、設置時にパネル数に左右されない柔軟な配置ができる。

それと、単位面積当たりの発電量がSANYO(179w/平米)の次にシャープ(165w/平米)が良く、
結果、設置可能容量が大きくできる。

シャープはkw単価が安いという噂の秘密が分かった。
構成部品が安くできるから当然な結果だったんだ。納得。
それでも外国メーカーのパネルは激安でトータルが安くできるのだろうか?
何故、外国のメーカーは、お得なパワコンを採用しないのだろう、不思議だ。

あ~~シャープが最有力候補に躍り出た!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電モジュールやパワコンの比較表

各社のパワコンやパネルについて調べていたら
まとめたサイトがありました。
「ワット単価」や「出力/面積」も一覧で算出してあります。

2010年10月版の太陽光発電モジュールの比較表

[製品比較]パワーコンディショナ(2011年8月版)

メーカー間の発電性能比較

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 パネル

比較を進めていたら、東芝パネルが実は単位面積当りの発電量が多かった。
193w/平米でダントツだった。
屋根という限られた面積で最大の発電量を求める限り、東芝は外せない存在になった来た。
・SANYOのHIT
・東芝パネル(輸入だけに円高が有利だよな)
・シャープのパワコン(このパワコンは魅力的すぎる)

・・・

我家の電気需要では6~7KWは欲しいから・・・・

そろそろ実見積りかな?

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 見積り依頼

大まかな設置寸法を伝えて、シャープ、SANYO、東芝の見積りを依頼。
3社にアポをとったが、1社は下見に来たけど見積り回答無し。1社は下見の折返し電話無し。1社は見積り持参で下見に来た。
この時点で何処に依頼するか決まったようなものだ。

さて下見で設置可能な寸法が当方と考えていたものと異なり、積載縮小。
当初の寸法での見積りからパナと東芝の2社が再見積りに決定。
こうなると、機器的な制約と設置面積の制約から単位当りの発電量が高い所が残る。
結果、6×4=24枚設置での検討になり
パナが5.52kw(6708kwh/年)、東芝が5.76kw(7291kwh/年)
東芝は強気の発電量予想。
CLINIC予想は6000kwh/年以下(地域的な配慮をしたら5500kwh/年)
今からちょっと勉強して現実的な予測を算出しなくては・・・・

当初の6kw搭載で発電量6900kw/年で売り買いがトントン予測だっただけに厳しい!

パナで行く事にした。

要素はsanyo/panaのパネルは230w以下は出荷しないという噂
平均245wだったというネット情報。235wだったというネット情報。
東芝は240w以下も含めて平均245wだったというネット情報。
当然、定格の90%以上であれば公にはOKらしい。
メーカーへの期待を含めて、国産選択。

それに東芝はパワコンもオムロンからのOEMだし(煙騒動があったな)
施工基準はメーカーで決めていると思うので、
メーカーの基準や施工会社の経験値がおそらくpana/sanyoの方が良いであろうという安心への期待感がある。

見積りはpanaの方が高いのだが・・・・そんなに差が無いので。

さて、今週末に施工業者による施工下見がある。
家が古いから・・・・大丈夫かな~~~~
これが一番の心配事。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 発電量予測

発電量予測は自分でゴリゴリ勉強しても大変なので
公の予測を採用する事にした。

SOLAR CLINICを基本として、「温度上昇率を変えて補正」と「メーカー予測値を地域補正」がほぼ同じ値を示したので、これを採用する事にした。

これで全国の発電所との比較が行える為、システムの異常発見にも使えそうだ。

当初目論んでいた発電量より低い 6228kwh/年 予測。
売電<買電
初期投資も40万円/kwより高くなったし、月々の差額支払いが発生するから
10年償却はキビシイ。

予測値より大きい発電を神だのみ!!(ため息)

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 エコモニター

エネルギーレポート CO2 いらね~~~

そんなことより大切なこと!
システムがちゃんと動作しているか否かの履歴照会の方が重要
そういう意味では東芝のPCツールは良い。
発電したものが、ちゃんと売電できているか確認できる
電圧上昇抑制履歴、異常履歴がレポートとして印刷できる。

今、パナで検討中なのだが・・・
モニター画面は笑ってしまう・・・ダセ~ 子供だまし 見にくい
知りたい情報が表示できるのだろうか!
少なくてもカタログ上は存在しない。
SDカードでデータを持っていけるのは良いが、データの項目や詳細が不明
カタログではレポートの内容さえ判別できない
本当に使い物になるのだろうか

まだsanyoの方が表示デザイン・項目内容は良い。

sanyoで発注ができないかな。真剣に悩んでしまう。

プレビュー記事を調べました

壁埋め込みタイプ
ワイヤレスエネルギーモニタ VBPM301C
sanyo
レポート
pana 取扱説明書検索

TAP-TST7 ワットチェッカー

東芝 PCツール(オムロン製 最高!)
東芝1
東芝2

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 東芝 5.76kwで契約しました。

施工業者による施工下見。
パナで進めていたのだけど・・・
父親の鶴の一声で、パナ/sanyo敗退、東芝に逆転決定。
施工も支持瓦が可能という事でアンカー方式から支持瓦方式に変更。
結構な金額になった。
おかげで、「電圧上昇抑制履歴」の問題やPCツールの問題も一挙に解決。
これを調べるのに取扱説明書や施工仕様書など結構時間が係ったのだけどな。
発電量シミュレーションをやり直して
後は無事工事が終わり、予想以上の発電を期待し、地震等トラブルが来ない事を祈るのみ。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 東芝 5.76kw システム概要

【発電システム概要】
東芝製SPR-240NE-WHT-J
枚数  :6 x 4 = 24枚
公称出力:5.76kW
実出力 :?? kW
年間予測発電量:6648kWh
方位  :南東向き(1面)
屋根勾配:5寸
施工方法:和瓦支持瓦方式
所在地 :広島県広島市安佐北区
設置工事完了日:2012年??月??日
運転開始日(系統連系):2012年??月??日
中国電力:@42円

契約先 : エコの輪 エコスタイル

年間予測発電量については、悩みました。
A:SOLAR CLINIC(三入)=5686kwh に 温度上昇損失等を補正=6488kwh
B:メーカー予測=7291kwh に 地域補正=SOLAR CLINIC(三入) / SOLAR CLINIC(広島)=6814kwh
両者の平均=(A+B)/2=6648kWh をとりあえずの予測値にしました。
稼動してから調整

これで、売り買いトントンの予定
自給 = デイタイム  + ファミリータイムの1/4
買い = ナイトタイム + ファミリータイムの3/4
売り = 発電 - 自給
ただ減価償却については
設置前10年分の電気代 < 初期投資額
なので10年以上必要
発電が多ければ短くなるけど・・・

エコの輪 エコスタイル を選んだ理由は、価格と保障と無料点検、そしてフットワークが良い
下見アポ・見積書提示・時間厳守(ジャストに呼び鈴が鳴ったのには関心)
ヤフー・楽天に出店、テレビ取材を受けている、近くに支店がある。
そして、先行依頼した競合先が対応不備で自滅した事

保障と無料点検を契約どうり実施して貰う為にも、今後も売上げを継続して会社が発展してもらわないとね。
倒産されたら絵に描いた餅になるので・・・皆さんよろしく。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電の目的は、電気代の束縛から解放される事

どうも世の中は節電ムードだが、これは原発を急停止させた人災から叫ばれている事。
原発に対して大方針を提示し、徐々に移行していけば混乱は避けられたはず。

我家は電気会社の策謀に乗っかりオール電化にしている以上
電気無しでは生活が立ち行かなく成っている。
少しでも太陽光発電という自給行為で人様に迷惑を掛けなくて済めば良い。
だから、これからも、どんどん電気は使う。

電気代10年分を前払いしているので、少しは無駄使いしても良いではないか
そして月々電気代に汲々とした思いから開放できれば良い。
ただ、それだけ。

減価償却は考えるが、その為に電気ケチケチには成らない。
電気の使用量や発電状況はチェックするが、それはケチケチの為では無く
システム稼動チェックが主目的である。

こんな思いで太陽光発電を導入しました。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 考察メモ パネル比較

>ソーラーフロンティアでは20年もあるようです。
>【保証内容】
>太陽電池モジュールの出力が公称最大出力の公差範囲内の最小許容値に対して10年で10%以上低下した場合、
>または、20年で20%以上低下した場合、太陽電池モジュールの追加、修理又は交換を行います。
> http://www.solar-frontier.com/jp/family/solacis/durable.html

公称最大出力の公差範囲内 = 公称最大出力の90%
10年で 90% * 90% = 80%
20年で 90% * 80% = 72% 以下に成った時

ソーラーフロンティア そうでしたね。

ソーラーフロンティアは利用できる光の帯域も広く、公称値より高い発電量はあるようですが
いかんせん、まだ発電効率が低く、
東芝   193kw/平米 12.1kg/平米
hit    179kw/平米 11.7kg/平米
シャープ 165kw/平米 12.6kg/平米
CIS    122kw/平米 16.3kg/平米

設置できる屋根の形状にもよりますが
例えば 10m x 3.5 m では
東芝   240w x 24 枚 5.76kw 360kg
HIT    230w x 24 枚 5.52kw 360kg
シャープ 190w x 24 枚 4.56kw 348kg
CIS    150w x 28 枚 4.20kw 560kg (95w x 48 枚 4.56kw 600kg)

重くて、広い面積を必要とします。
限られた屋根の面積だと、思った以上に設置面積が無く
発電量を優先すると上記の順番になってしまうのです。

理論的な発電効率は高いので、ソーラーフロンティアやホンダは有望だと思います。
ちなみに、3面設置などはパワコンの機能からシャープが良いと思います。

太陽光発電パネル(ソーラーパネル)の劣化するのか? 等
EL イメージングによる太陽電池セルの劣化評価
太陽光発電ネットワーク 太陽光発電を知る ― 先輩発電所長からのアドバイス
徒然なるままに~太陽と子供~ 太陽光発電パネルの劣化
各パネルで5年後の発電量は、以下のような低下を示しています。
 多結晶シリコン    1.3%~2.8%
 単結晶シリコン    3.2%~3.9%
 CIS        1.4%~1.5%
 アモルファスシリコン 5.7%
 HIT ヘテロ接合  2.0%

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村

太陽光発電 考察メモ 読んでおきたいHP

太陽生活ドットコム
・太陽光発電システムの設置工事トラブルはなぜ起こる?
・設置工事業者選び10のポイント
・ソーラー・パネルだって故障や不具合が起こります!
よくある質問
・重いソーラーパネルを屋根に載せると、家屋が地震に弱くなってしまうのではないですか?
・定期的な点検や掃除などのメンテナンスは必要ですか?
・パネルの温度によって出力が変わるというのは本当ですか?
・見積もり金額が妥当かどうかを知る方法はありますか?
等、内容盛りだくさん


入門! 太陽光発電を自宅に導入する方法
【第1回】太陽光発電システムを自宅に入れるための9つのステップ(2011/08/23)
【第2回】太陽光発電の業者選び5つのチェックポイント(2011/09/21)
【第3回】着工のタイミングに注意!~設置工事から運用開始まで(2011/10/06)
【第4回】思ったより簡単!?太陽光発電導入で家族のエコ意識も高まる(2011/10/31)


太陽光業者に丸め込まれないために
太陽光発電量シミュレーション編
太陽光発電損益分岐点編

ママsun発電所 in 千葉 東芝 5.04kw
太陽光発電と雨漏り
太陽光発電との付き合い方
太陽光発電システムの寿命とは?
出力が温度によって変わるというのは本当?

SOLAR CLINIC
ソーラークリニックは、太陽光発電システムの発電量をチェック(自己診断)するための情報提供を行っています。


風力発電・太陽光発電 - エコ・環境プログ村
実際に太陽光発電を設置されている方々のプログ一覧
日々の発電量や導入の検討事項や等々生の情報が満載

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ぽちっと -> にほんブログ村
プロフィール

お気楽どん

Author:お気楽どん

最新記事
最新コメント
ありがとう
気が向いたら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

DHC DHC DHC 売国議員
天気予報
カテゴリ
検索BOX・タグ一覧
リンク