ボケが進行中!

いやはや母親のボケが進行しているようだ。

今日が何日か、何曜日か、通院日か、来院日か

普通のデジタル時計だと分かりにくい様なので
曜日で行動するからカンレンダー付きのデジタル時計にしたのだが


曜日にマークを付けても分り難いようで・・・・
どうしようか?????

通院などは別の紙を見て日付マッチングをしないといけないのだが・・・
これが理解しがたいようで・・・

今日の予定を何度か説明しても頭に入らないようだ・・・
脳の混乱!

複数の情報を比較して判断するのが混乱の元だと思うから

当日、明日の
予定内容を表示する必要があるのだろう!?


当初 Arduinoでカレンダーを作る事も考えたのだが
カレンダー表示をさせると文字も小さくなるし
電池駆動が苦しそうだったから
市販のカレンダー付きのデジタル時計にしたのだけど・・・

スマホのソフトの様な
行動予定が入力できるのを作らないといけないかな~~
バッテリーはスマホ用の充電バッテリーかAC電源ですね
電池は液晶のバックライトでの消費が多いだろうからボタンを押した数秒間だけ表示出来るようにした方が良い
スケジュールはPCからWEB入力かな

ちょっと画面デザインしてみるか!
時計を購入済だから、行動予定だけにしようか?

あ!漢字表示が! Arduino だと難しいな!

linux をもう一度勉強し直すのもしんどいし・・・困った!

調べたら既にやっている人がいた!

OLED ( 有機EL ) SSD1306 に16×16ドットのフリーの日本語漢字、東雲フォントを表示させてみました

気に入りブログが更新したら通知するRSSアプリ(Arduino)

ブログの新規書込みが有った時に通知を受取る方法は

iphone アプリを使っているが更新通知が劇おそになる事がままある
外部サービスの利用では無料で使うには毎月登録情報のWebをアクセスするのも面倒だし通知がメールで届くのでメール受信タイミングの関係で遅くなる事がままある

それで 自作のwindowsアプリを使っていたのだが・・・パソコンを24時間稼働しないといけない
この場合の更新通知はメール受信になるから遅延が有る

やはり24時間運用になると消費電力の少ないPCが優位です。
ネットワークが標準装備な Raspberry Pi が良いのですが(持っていない)
Arduino シリアル接続 WiFiモジュールESP8266も興味深い

現状はArduino Ethernet が有るので、これで作れるかどうかチャレンジした。

必要最低限の機能にしたら
思った以上にコンパクトに作ることができた。(これだったら ESP8266 で動作するかも)
最大32,256バイトのフラッシュメモリのうち、スケッチが14,564バイト(45%)を使っています。
最大2,048バイトのRAMのうち、グローバル変数が703バイト(34%)を使っていて、ローカル変数で1,345バイト使うことができます。

現在は試験運用を開始したばかりなので・・・・希望が有れば公開するかな~

機能
・対象ブログはFC2とする
・検索プログ情報はソース(スケッチ)組込みとする(発展形としてはWeb登録)
・更新通知はim.kayac.com経由でiPhoneへ通知が届く様にした(メールより速いし Android でも運用可能)
・15分間隔で調べる(時間帯によって間隔を変える事はソースを付け足せば可能)
3475.jpg

イーサネットシールドを検索したら ESP8266 WiFiの互換機?が販売されていた
今回の様な用途に向いている気もするから買ってみる事にした。
送料込みで505円 いや~中国は・・・・強い!!

高速Arduino(互換)ボード

超音波風向風速計を試行錯誤中で高速なArduinoが欲しいな~~~~
と思っていたら
何と!最近なんでしょうか! 高速版が出てます。
クロックも高速
メモリーも増量
アナログ入力のADCも12ビット対応
ただI/O電圧が0-3.3Vに成っています。

問題はイーサネットシールド等のシールドが使えるか?
ボードによっては5V入力も可能なのも有るがダメなのもあるから要注意です。
そしてシールドが3.3Vでも5V入力の信号として認識してくれるか否かです
これは対応していそうだ Ethernet Shield V2 For Arduino
だけど手持ちは???だな

Arduino純正品    
Arduino Due (これは以前から有った)
Arduino M0 Pro

Arduino Mega互換品
chipKIT Max32 Arduino互換ボード

Arduino 超音波風向風速計 試行錯誤中 (HC-SR04 x 4個)

前回はセンサーが2組でArduinoの発信機を使用したから
今回はHC-SR04を追加購入して4組にして発信回路もHC-SR04を使用して行った。

sens3b.jpg

時間計測も高速化を図ったが・・・・

結果的には改善はしたが計測結果がまだふら付く

距離計測上は誤差範囲になるが、風速計測上は誤差の範疇を超える

安定すれば使える可能性もあるのだが・・・・

やっぱ受信回路かな????

Arduino のクロックの問題も考えられる。もう少し速ければいいのだが・・・・

Arduino 超音波風向風速計 試行錯誤中 (HC-SR04 x 2個)

お試しで購入した HC-SR04 x 2個 を使用して風力計が作成かのか否か試作中なのですが・・・
(HC-SR04も購入が1個セットを2組購入したものだから・・・効率が悪い。皆さんは10個セットを購入する事をお勧めします)

距離センサーとして使用できる事は確認できた。
計測時間も4μs単位ではなく 1/16μs単位へ変更してできるようにしたのだが
Arduino UNO の制約で外部割込みが活用できないのが残念 使える

4組あると素直に作れるのだが、とりあえず試作機なので大妥協です。
 sensa11.jpg
手持ちが2個 送信/受信センサーが2組
これをバラバラします。 (4個あればそれぞれを向い合せます)

超音波を反射して受信します。
同一センサーでは無いが双方向の計測ができます。
折角だから受信回路はそのまま使います。
ただこの受信回路はトリガーを入力しないと出力が得られません
したがって発信回路はArduino の発信機能を使用します。
(この関係で外部割込みが使えなくなったのです)

とりあえず4方向の時間計測は出来る様になったのだが・・・・

はたして、思惑通りに風力計になるでしょうか?

変則的な使い方の関係か
どうも計測値が安定しない。

0.1μFコンデンサーで HC-SR01のTrig - Echo端子を接続してpinを共有する方法と分離したまま使う方法の両方を試したが違いは無かった
両方とも不安定だから発信回路を使わないで Arduino の発信機能を使ったからでしょうか

ちゃんと受信回路を作らないとダメかな~~~

これだと試作機の役を果たしてない

あ~溜息・・・

NEXT≫
プロフィール

お気楽どん

Author:お気楽どん

最新記事
最新コメント
ありがとう
気が向いたら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
天気予報
カテゴリ
検索BOX・タグ一覧
リンク