春になったな~と感じる事

依然としてコタツやストーブ・エアコンは活躍してますが・・・

掛け布団も1枚減り、ジャンパーも使わなくなった

成りより朝日が早くなった!

発電が6:30ぐらいには開始する。開始のメッセージがスマホに届く!

7時前に届くのは冬では考えられない。やっぱ春です。

夏は6時前から開始するんだったけ?

今の時期、気温が低くて空が澄み切っているから発電も期待できる日が多々ある

山に囲まれていない地域だと太陽の恩恵も大きいのだろうな~

稼働率が悪くても年間を通しては段々ソーラーが活躍してくれるのはうれしいです

FITが改正されて新たに書類提出?が必要だとか何とか???

まだ、何の案内も届かないのですが・・・・

無連絡で権利失効は困りますよ!

もう3月中旬なんですけど・・・・・

過積載の落とし穴

過積載とは パワコン定格以上に パネル容量 を過剰に接続している設備

何故 たくさん接続するのか?
・パネルをパワコン定格と同等もしくはそれ以下にした場合、
 パワコン定格の発電が年間を通じて数秒~数分しかないから勿体ない
 もっとパワコンに活躍して欲しい
・50KW未満の設備で可能な限りパネル容量を接続して発電量を増やしたい
 もしくはパワコン台数を減らしたい
peekcut.png
 パネルを増設すると発電量の全体的なかさ上げが期待できる
 パワコン定格以上はパワコンがカットするが損失は少ない

 参考:パネル過積載について

これを専門家達から素人の浅知恵と嘲笑される

基本的にパワコン定格にはパネル容量を同等もしくはそれ以下に接続する前提で設計されているようで
(若干の定格+αは余裕分だが限りなく0に近いようだ)

パワコンが最大出力できる容量というよりは
パネルを接続できる最大値と考えた方が良さそう

だから過剰接続は想定外になるから(ピークカット以上は超過負荷になる)

故障率が非常に高くなる。
それもカウンターだけでなくボディブローの様に徐々に心臓部を蝕み
ある日突然死する。
10年以上の機器寿命が極端に短くなるらしい

早い話、
負荷をかけて無理をすると短命に終わり
無理をしないと長寿命を期待できる
という事

それ以外にもMPPT制御が最適に動作しない(発電効率が悪い)など

※素人なりの認識なので詳細は専門家(正しい知識を持っている人)に聞いてくださいな

豊洲ではないけど
ここからが問題なのです

これから設置する人は過積載を避けることが出来るが
既にやっちゃた人はどうするかですよね~

・パネルを減らす。減らしたパネルを他へ流用する
・パワコンを増やす
 しかし幹線の変更工事や発電設備の変更で売電単価の再評価による下落
 (数年前問題点を指摘された時に断念したのです)

これはこれで非常に困る

では
・過積載対応のパワコンへ変更する(仕方なく出荷されているのは有るらしいが・・・・)
 ストリングの組み直しの可能性もあるし

パネルもパワコンもそのままで何とか出来ないのでしょうか?

今思いつくのは
ピークの分散・平坦化でしょうか
・南向きを南東向きと南西向きに分割する
・傾斜角を平坦に近づける(10度とか)気温の低い春先の発電を抑え、夏仕様にする

マルチストリングパワコンで無い場合
向きが不ぞろいのパネルはMPPT制御が最適に動作しない可能性もあるし

いずれにしても厄介です

追加(10/18)
過積載対応を保証するパワコンがありました
オムロン製パワーコンディショナの過積載対応について
今別メーカー使用中なので故障状況を見て組み直すかな~


黒いピーナッツ

久々に野立てをチェックしていたら

布のネットに穴が!

そして地面一杯に黒いピーナッツが散在しているではないか!

参ったな~


掃除が大変!

鹿が草を食べに来たのでしょう

いやはや段差があるので大丈夫だろうと

片面だけ金属製のフェンスを設置していなかったのです

まさか穴を開けて侵入していたとは・・・・

草を食べる分には構わないのだけど

うんこさんはね~

さっそくホームセンターにフェンスを購入しに

そして100円のガーデンソーラーライトを5個購入

設置しました

ライトの効果は不明だけど・・・安いから・・・とりあえず

ふるさと納税はいくらまで出来るの?

ふるさと納税  寄付をすると寄付金が控除され、お礼の品が届く とか??

分かったような分からない様な~~

米などは1万円の寄付で20kg届く事も有り
実質2000円で米が20kg入手になるとか(8000円は所得税や住民税として使用される)

直接各地の市町村に申し込むのかと思ったら、まとめたサイトがある
ふるさとチョイス
ふるさと納税(楽天市場)
サイネックス

2016年のふるさと納税は早期参戦がベスト!お得な自治体は爆速で終焉する傾向
【ふるさと納税】お米の特産品(コスパで選ぶ)【確定申告】【2016ランキング】

米以外も有るが米は必需品だし米作農家の支援策になるからやってみたいと思うのだが・・・

じゃあ、いったいいくらまで寄付をした方が効率的なのか?

頭悪いから分からない!

調べてメモを残す事にした。(勉強・勉強)

総務省 ふるさと納税のしくみ

地方公共団体に対して行なったふるさと納税は、寄附金の全額ではありませんが、おおよそ寄附金から2,000円を差し引いた額について、所得税や住民税の比率に応じた控除を受けることができます。

ふるさと納税の控除の金額は、所得により異なります。
計算方法は以下の通りです。



寄附金控除対象額は、所得税控除+住民税控除で計算できます。

①所得税からの控除 = (ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
 (控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の40%が上限)

住民税からの控除=「基本分」+「特例分」
  (控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の30%が上限)
 ②住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税額-2,000円)×10%
 ③住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)
   住民税からの控除の特例分は、この特例分③が住民税所得割額の2割を超える場合は
 ③住民税からの控除(特例分) = (住民税所得割額)×20%

住民税所得割額=(前年の所得額 - 所得控除額) × 10% - 税額控除額


試算すると特別控除額(住民税所得割額による制限)に注意が必要と思われる

う~む!
所得が少ないと寄付金に制限が掛かる

※エクセルの表をリンクしたかったけど・・・・無理みたいです

個人事業主必見 小規模企業共済制度に加入されましたか?

先日、青色申告の為に商工会に行って来ました。

たとえ少額でも手続きは同じ様な労力が必要なのですよ。


そこで雑談してたら「小規模企業共済制度」に加入してはどうですか?

掛金が「小規模企業共済等掛金控除」になり「課税される所得金額」を下げる事ができる

当然、所得税が減額できるのです。(所得税の先送り)

特に税率の境目近辺の方は有利でしょうね。

正式な内容は別途調べて頂くとして

個人退職金の積み立てとか事業廃業費用に使うと便利良さそうです。


期間は20年以上継続しないと掛金が全額返金されない(途中解約はできる)難点はあるが

20年経過して太陽光設備を解体する準備金として考えても良いし

掛金を分割して受取る事もできるから個人年金としても使える

また設備の為に無担保貸付を受ける事も出来る

月々の収入は減るが将来の為に積み立てるのも有りではないでしょうか

掛けるだけ掛けて受け取らずに終わる可能性もありますが・・・・

加入するなら早めにした方が良いと思います

NEXT≫
プロフィール

お気楽どん

Author:お気楽どん

最新記事
最新コメント
ありがとう
気が向いたら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
天気予報
カテゴリ
検索BOX・タグ一覧
リンク